20代でロレックスは

ロレックスは誰もがいつかは手にしたい、身につけたいと思う腕時計でしょう。もちろん日本だけではなく世界中の人がそう思っています。一般にはきらびやかなイメージから、ある程度以上の年代の人が身につけるものと思われているかもしれません。20代などの若い人には、よりスポーツ的なモデルのほうが似合うのではないかという話です。

確かにそれも一理はあるかもしれませんが、やはりロレックスには成功者のイメージもあります。そういう意味で、時計に負けない人間になる、少なくともある程度は既にそうなっているという強い自信があるのであれば、20代が身につけても決して悪趣味にはならないでしょう。腕時計だけでなく、それ以外にもその人が醸し出す雰囲気というか、風格がある人間であればよいのです。

そうでないといわゆる悪趣味、成金、物の価値が分かっていない人間と思われ、せっかくの一品が逆にあなたの評価を落とすことにもなりかねませんから注意しましょう。例えば、同じ20代でも大学生が身につけるのは何かおかしいでしょう。それだけの稼ぎがないことが普通でしょうし、仮にあったとしてもそれは学生の本分から外れているでしょう。あるいは、極端な話、時計だけロレックスで、その他はいつも例えばジーンズにTシャツ姿というのもどう見ても滑稽です。時計だけ立派というのではなく、その他に身につけるものやあなた自身の人格も立派であって、時計はあくまでその一部というのが理想です。